TM NETWORKを語るよ

TM NETWORK デビュー~東京ドーム終了コンサートまでについて語ります

個人的TMネットワーク ベスト10~ソング編

個人的なTMネットワークTMNのランキングを発表します。
今回はソング編、曲、特に作曲についてのランキングです。

★10位
GIRL FRIEND

セブン・デイズ・ウォーのカップリング曲
アコースティックギターがメインの切ないバラードです。
当時中学生だった時の記憶がぶわーっとよみがえる・ そんな名曲です。

 




★9位
Come on Les's Dance

TMネットワークのイメージが確立した曲ではないでしょうか?
渡辺美里がコーラスで参加しています。


★8位
RHYTHM RED BEAT BLACK

TMNになってからのシングル曲ですが
未だに何のジャンルに分類されるのかわからない斬新な曲です。
よくわからない"かっこよさ"が未だに漂っています。


★7位
1974

原曲は小室哲哉が中学生の時に作ったそうです。
デビューのきっかけになったフレッシュサウンズコンテストでも演奏されました。
前半のとことんポップ調からサビでセンチメンタルなメロディーに変わる表情豊かな初期TMの名曲です。


★6位
Human System

TMの曲は思春期の気持ちを歌っているものが多いのですが
この曲も10代の微妙な世界観を表しているように感じます。
モーツアルトのフレーズを引用した 今で言うフレーズサンプリング手法を使用しています。


★5位
Self Contorol


SELF CONTROL


説明のいらない名曲です。
教科書は何も何も教えてはくれない。
明日の事など誰もわからない。
私に今でも刻まれた言葉が並んでいます。


★4位
Kiss You

ラップを取り入れた中期TMの名曲です。
この辺りから小室哲哉の洋楽志向が強く出ています。
ブラスがかっこいいですね。


★3位
Time Passed Me By 夜の芝生

いわゆる"木根バラ"を代表する名曲です。
この曲も幼少期から思春期にかけての少年の心情をよく表している素晴らしい曲です。
ダンサブルな曲ばかりでなく、こういうきれいなバラードがあるのもTMの魅力です。


★2位
Electric Prophet 電気じかけの予言者


ELECTRIC PROPHET ~ 5.18 ~


かなりファンでないと知らないであろう名曲中の名曲です。
男女の未来に向けた不安と希望が歌われています。
あの時にタイムスリップで戻って駆落したくなる そんな切ない曲です。


★1位
Beyond The Time


メビウスの宇宙を越えて-BEYOND THE TIME-


色々な意味で別格な曲だと思います。
TMの代表曲であるGetWildもそうなのですが、何かのテーマ曲・主題歌を作る時に小室哲哉潜在的なセンスが色濃く出るように感じます。
次々と展開していくサウンドや折り重なる無数の楽器。
とにかくいまでも私の心を掴んで離しません。

シングルCDバージョンが一番好きです。