TM NETWORKを語るよ

TM NETWORK デビュー~東京ドーム終了コンサートまでについて語ります

YAMAHA TX81Z、TQ5、V50の音を比較してみました


www.youtube.com

80年代のYAMAHAシンセサイザーと言えばDX7なのですが

廉価版の4OP-8アルゴリズムシンセサイザーも人気でした。

 

手持ちの4OPFM音源は、TX81Z、TQ5(EOS B200の音源+シーケンサー)、V50があります。

この3機種は同じOPZ系FM音源です。

V50はOPZⅡ系で厳密には違うのですが、ブレスコントローラー用パラメーターなどが追加されただけで基本音色は共通で使用できます。

 

共通の音色を使うことが出来るので 音ってどのくらい違うのか?が前から気になっていましたので比較してみました。

 

EOSボイスカードの音色をそれぞれに転送し、TQ5、V50のエフェクトがOFFにしています。

音量を揃えて E.Piano→Bass→BELL→STRINGS →全部を合わせたもの の順番になっています。

楽曲はTMネットワークのHUMAN SYSTEMを使用しました。

 

 

 

感想

チップはほぼ同じ、違いが出るとするとアンプ部分などアナログ部分だと思います。

TX81Zは硬い音などで高音域のギラギラ感が若干ですが強く聞こえます。

逆に低音がほんの少し控えめな印象です。一番古い機種とあってノイズが一番多いです。

 

TQ5とV50は、ほぼ同じ音ですね。聞き分けられないくらいそっくりです。

低音の太さなどは気持ち良いです。

 

ただ4音色を混ぜてしまうと、単音で感じた違いがほとんどわからなくなります。

 

今回の検証でそれぞれが基本音色の共有が可能で、故障などのバックアップになってくれると安心しました。

 

もし これから本物のFM音源を欲しいと思っている場合は

置く場所があるならV50をおすすめします。